山万の注文住宅

  • HOME
  • ⼭万の注⽂住宅
  • こだわり空間
  • 商品一覧
  • 施工事例
  • 相性診断
  • 山万の技術
  • 初めての注文住宅

安全性

耐震性/耐震等級3
防犯性

耐震性/耐震等級3

カッコ良いデザインの建物をつくりたいが、耐震性などの構造面は、おろそかになりませんか?
安全性は、どのように確保していますか?

耐震性/耐震等級3

弊社の建築物は、綿密な構造計算と認定プレカット工場を用いることで【耐震等級3】を確保、地震に強い建物を実現します。

【耐震等級3】とは、

国土交通省が定めた、住宅表示制度における地震性能の最高等級です。

数百年に一度程度発生する地震に対して、倒壊しない程度の構造が<耐震等級1>となります。

【耐震等級3】とは、その『1.5倍の力に対しても倒壊しない耐震性』となります。

山万株式会社の注文住宅では、耐震等級3を実現するための2つの工法を採用しております。

【LVL材を使ったJ-WOOD工法】

【2×4工法】

防犯性

最近は、住まいの安心を脅かす泥棒被害が増加し、手口も巧妙化…
住まいを守るための防犯対策は、どのように考えていますか?

日本の住宅は基本的に、家の外観から間取りがわかるようになっています。
その一番の大きな理由は『窓の大きさ・形状』からおよそ察することができるからです。

防犯性

とても恐ろしいことに『泥棒』にも同じように間取りがわかります。
用心をしているつもりでも、家の中をさらけ出しているのと同じこと。
『どこから空き巣に入れば良いか?』彼らにはすぐにわかります。

泥棒の進入から住まいを守るには、まず第一に『外観を見ても間取りを想像させないこと』です。なるべく間取りが想像できない外観にできれば『どこから進入したら良いのか?』わからなくなるからです。

その上で以下の防犯対策をするとより安全になります。

  • 防犯合わせガラス

    防犯合わせガラス

  • リバーシブルピンシリンダー/美和ロック

    リバーシブルピンシリンダー/美和ロック

  • 録画機能付TVインターホン/アイホン

    録画機能付TVインターホン/アイホン