山万の注文住宅

  • HOME
  • ⼭万の注⽂住宅
  • こだわり空間
  • 商品一覧
  • 施工事例
  • 相性診断
  • 山万の技術
  • 初めての注文住宅

現地調査について

プラン(間取り)を考え始めるその前に…必ず最初にやらなければいけない『現地調査』について詳しく解説します

家づくりを始めるにあたり…

現地調査とは? 『現地調査』には、大きく分けて3つの内容があります。

  • 1.敷地調査
  • 2.地盤調査
  • 3.役所調査
1.敷地調査
敷地に関することをすべて測る調査
具体的には…
  • 境界杭が入っているか?
  • 隣地の建物の窓の位置
  • 道路の幅員の状況
  • 敷地の採寸
  • 敷地の高低差
  • 真北測定
敷地調査

など…このような内容をすべて測り、図面化をしてもらいます。

図面としてでき上がった敷地図をもとに、
敷地環境や隣地環境を把握・考慮していきながら、
プランニングを行っていきます。

実際に家が建って、
いざ生活を始めてから

隣の家の窓が目の前に…
高低差によりアプローチが急勾配になってしまった…
窓があるが、方位の問題で光が入ってこない…

というような問題が
起こらないように
します。

2.地盤調査 家を建てる敷地の地盤が『強いか?』『弱いか?』を測る調査  
建築構造が木造の場合
※一般的な調査方法
[スウェーデン式サウンディング試験]
この試験で上がってきたデータをもとに基礎の設計をします。そしてデータ上、地盤が弱い場合は『地盤を改良をすること』で建物の安定性を確保します。(※地盤の改良については、いろいろな種類や方法があります。)

もし仮に事前調査を入れず、家のプラン・予算も決まり、いよいよ着工!という所で、その前に調査を入れてみたら弱かった!というようなことが起きますと、基礎の設計変更による時間的なロスはもちろん、地盤改良を行うことによる大幅な追加金額が出てきます。

最初に地盤の
調査をすることで

地盤が『強いか?』『弱いか?』を把握することができる

仮に地盤が弱かったとしても、地盤改良をするための金額は経験上だいたい予想ができるので、予算の狂いを、最小限におさえることができるのです。

3.役所調査 家を建築するにあたり、それに関わる建築法規全般についての調査
法的規制・建築確認の申請の順序など… 家づくりの計画を進めていく上で、「法的制限によりプランが固まった後に変更をしなければならない…」というようなことを避けることができますので、計画の後戻りがなくなります。

そして後日、調査会社より専門家としての意見を入れた『調査報告書』が送付されてきます。
上がってきた調査内容をふまえた上で、お客様のプラン(間取り)に対するご要望をお聞きして『プラン・資金計画の作成&提案』というのが一般的な流れになります。

役所調査

通常、この調査は専門の調査会社にやってもらうことになります。

そして、お客様が家づくりをしたいと思っている工務店や設計事務所に『現地調査をしたい』と言っていただければ、その会社が調査の手配をしてくれます。

また一般的な費用は、敷地状況・近隣状況によりますが、この3点セットで約8~10万円くらいになります。

いずれにしても、上記に説明をしました通り、とても大切な調査なので、間違いのない家づくりを考えているお客様は、どこでやるにせよ『必ず一番最初にやること!』をお薦めします。