山万の注文住宅

  • HOME
  • ⼭万の注⽂住宅
  • こだわり空間
  • 商品一覧
  • 施工事例
  • 相性診断
  • 山万の技術
  • 初めての注文住宅

土地の現地調査について Field survey

土地の現地調査
理想の住まいづくりを!

土地が決まったら、
すぐに「具体的なプラン(間取り)の打合せだ!」と
思っていませんか?

でもその前に、必ずやらなければいけない「調査」があります。
土地の現地調査で、
理想の住まいづくりを始めましょう。

土地の現地調査で理想の住まいづくりを!
無料

~ 住まいづくりの前に必要な3つのこと ~

1敷地調査

土地に合わせた住まいづくりのために、
敷地の現状を知ることが必要です。

敷地調査とは、名前の通り敷地に関することをすべて測る調査です。

  • 境界杭が入っているか
  • 隣地の建物の窓の位置
  • 道路の幅員の状況
  • 敷地の寸法
  • 敷地の高低差
  • 真北測定

など・・・このような内容をすべて図り、図面化してもらいます。
そして、図面としてできあがった敷地図をもとに、敷地環境や隣地環境を把握・考慮していきながら、プランニングしていきます。
つまり、実際に家が建って、いざ生活を始めてから

  • 隣の家の窓が目の前に
  • 高低差によりアプローチが急こう配になってしまった
  • 窓があるが、方位の問題で光が入ってこない

というような問題が起こらないようにすることができるのです。

1.敷地調査

2地盤調査

敷地の地盤を調べることで、
地盤改良にかかるコストを最小限に抑えます。

家を建てる敷地の地盤が「強いか」「弱いか」を測る調査です。
建物の構造が木造の場合の一般的な調査方法はスエーデン式サウンディング試験という方法で調査します。

※重量鉄骨造・鉄筋コンクリート造などは、一般的に別の調査方法になります。
ここでは、この試験方法のやり方は説明しませんが、この試験で上がってきたデータをもとに基礎の設計します。そしてデータ上、地盤が弱い場合は、「地盤を改良すること」で建物の安全性を確保します。
(※地盤の改良についてはいろいろな種類や方法があります)

もし、仮に事前調査を入れず、家のプラン・予算も決まり、いよいよ着工というところで、その前に調査をいれてみたら弱かった、というようなことがおきますと、基礎の設計変更による時間的なロスはもちろんのこと、地盤改良を行うことによる大幅な追加金額が出てきます。

つまり最初に地盤を調査することで、地盤が「強いか」「弱いか」を把握することができるので、仮に地盤が弱かったとしても地盤改良をするための金額的な経験上大体予想ができるので、予算の大幅な狂いを最小限に抑えることができるのです。

2.地盤調査

3役所調査

建築に関わる法的な調査を行うことで、
法的制限による後戻りを防ぎます。

家を建築するにあたり、それに関わる建築法規全般についての調査です。

この調査をきちんと行うことで、法的規制、建築確認の申請の順序等・・・、すべて正確に把握することができるので、家づくりの計画を進めて行く上で法的制限によるプランが固まった後に変更をしなければならないというようなことを避けることができますので計画の後戻りがなくなります。

3.役所調査
~ 理想の住まいづくりの前に ~

今なら土地の現地調査無料キャンペーン実施中!

ご予約はこちら >