山万の注文住宅

  • HOME
  • ⼭万の注⽂住宅
  • こだわり空間
  • 商品一覧
  • 施工事例
  • 相性診断
  • 山万の技術
  • 初めての注文住宅

二世帯住宅にして感じる安心感

近年、二世帯住宅を検討される方が増えています。フルタイムで働く子世帯にとって、育児や家事を手助けしてくれる親世帯はとても貴重な存在です。また一方で、親世帯も子世帯との同居で、さまざまな面から暮らしの安心感を得ることができます。
実際に施工されたお客様からは、「一緒に暮らしたほうがいざというときも安心」「子どもの面倒や暮らしの世話をしてもらえる」「経済的にもメリットがある」といった声が多く挙がります。

二世帯住宅のタイプいろいろ

二世帯みんなが快適に過ごすためには、住まい全体を見渡して設計することがより重要になります。通常設計の住宅とは違い、二世帯住宅は「独立度」によって以下の3つに大きく分けることができます。ご家族が二世帯住宅に求めるものを、まずは考えてみませんか。

二世帯住宅のタイプいろいろ

寝室を分け、キッチンやリビング、ダイニング、バスルームなどを共用するタイプ。もともと人づきあいや会話が得意で、状況の変化にも柔軟に対応できるご家族に向いています。水回りのスペースがひとまとめで済むので、家族が集まるリビングを思い切って広くしたり、それぞれの寝室スペースを設けることも可能。子世帯用にミニキッチンやシャワーを設ければ、プライベートもバッチリです。

玄関は一つ(共用)ですが、キッチン・ダイニング・バスルーム更にリビングなどを世帯ごとに分けた独立性を高めたタイプ。何をどこまで独立させて設計するかによって、多くのバリエーションを提案することができます。両世帯の交流ができる空間も確保することも重要です。「交流」と「独立」を家族間でバランス良く保つことがポイントになります。家事支援などについても、お互いにどういったイメージなのかを事前に話し合っておくとより良いでしょう。

玄関を別々にし、共用で使う部分を最小限に、生活空間を独立させた住まいを2つ並べたタイプ。上下や左右という空間で分けることが多く、一部を内側(室内)でつなぐ場合もあります。単世帯で長く暮らしてきた家族同士が、無理なく一つ屋根の下で一緒に暮らすことができます。設備、空間が2つずつ必要になるため、比較的大きなスペースが必要になります。

施工事例はこちら

 

二世帯が「快適に暮らす」プランのポイント

世代間の交流、暮らしの経済性、一緒に暮らすことへの安心感など、二世帯の同居にはメリットがたくさんあります。
しかしメリットばかりに目を奪われて、世帯別の悩みや違いを軽視すると、二世帯同居は思わぬ失敗につながりかねません。

集まりたくなる交流空間

独立性の高いプランをお考えの場合、自然と集まりたくなるような交流の空間を1か所でも間取りに追加すると、親世帯と子世帯がうまく馴染んで生活ができます。例えば、お互いに行き来しやすい動線上に、家族全員でもゆったり集まれる広さのリビングスペースを。通常別々に食事をしていても、週末や誕生日などには同じキッチンで料理をし、食卓を囲むことができます。共に過ごす時間を定期的に持つことで、二世帯の距離がぐっと縮まります。

施工事例はこちら
集まりたくなる
交流空間
世帯別の独立スペースを確保

同居の目的や家族の年齢層によっても、理想の間取りは違ってきますが、完全同居(寝室以外は共有)の間取りをお考えの場合も、世帯ごとのプライベート空間は確保しておくととても安心です。お互いに歩み寄ったり、助け合ったりしながら賑やかに暮らしていけるのが二世帯住宅の良さですが、親世帯と子世帯は本来独立したそれぞれの家庭です。さまざまな状況を配慮し、無理のないプランを考えましょう。

施工事例はこちら

 

世帯別の独立
スペースを確保
ママ×わがままキッチン
パパ×趣味